campaign202112.jpg

newsletter_banner_1.jpg
最新号は 1月11日 発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
国家資格知的財産管理技能検定
csme_bnr.jpg
知的財産アナリスト認定講座
banner_mouke.jpg
suisentosho.jpg
banner_ginoushi.JPG

jpgjpg

 

第48回キャリアアップ研修(再生時間:85分11秒)

第48回キャリアアップ研修

 

知財技能士会会員は本編動画を視聴できます。
下記から公開中の第48回キャリアアップ研修動画をご覧いただけます。

movie.png ※ハンドアウトは知財技能士会 マイページ掲載しています

動画視聴パスワードは知財技能士会 マイページをご確認ください

研修委員からのコメント

 日本から諸外国への輸出や投資先というと、中国、韓国、米国、EUなどを主なターゲットにしているというイメージを持たれていませんか。
日本では現在、米国、EUに次いでASEANが主な投資先となっており、日本の企業にとってASEAN諸国はビジネスにおける重要な位置づけであることは間違いないでしょう。

本セミナーでは、日本の投資先であるASEAN主要国における知財関連法の動向や商標審査の特徴などを知ることが出来ます。
ASEAN諸国との取引を考えている方や、ASEANでの商標取得を検討されている方など是非ご視聴いただければと思います。

知的財産管理技能士会 研修委員


研修概要

第48回キャリアアップ研修 企画概要
『ASEAN主要国における商標を取り巻く現況』
収録日 2021年9月16日(知財研セミナーを収録)
https://www.iip.or.jp/seminar/seminar210916.html
研修のねらい 日本からASEAN向けの直接投資額は、特に非製造業分野の投資にけん引され、2013年以降対中国投資額を大きく上回って推移しており、ASEANは日本にとって重要な市場となっています。商標は、企業が海外市場へ展開する際にまず取得する知的財産権の1つですが、冒認商標や模倣品対策が課題として残るASEANでは、ブランド保護において特に重要な役割を担っています。
2019年にマレーシアがマドリッド協定議定書に加盟したことで、今やミャンマーを除く全てのASEAN諸国が加盟を果たし、国際出願に対応する環境が着実に整ってきました。また、ASEAN最後のフロンティアと言われるミャンマーでは、政変が生じてしまったものの、2019年1月に商標法が成立し、同年10月に知財庁がソフトオープンしました。このように、近年、ASEANにおける商標制度に大きな動きがみられますが、特に非英語圏では情報収集が難しく、現地の制度・運用が不透明な国が少なくありません。
本セミナーでは、日頃特に企業からの問い合わせの多い国を中心に、商標制度をとりまく動向、運用実態、模倣品対策等についてご紹介します。

▲ページトップへ

 

img_square1_bl.gif 講師

佐々木 悠源 氏

JETRO(日本貿易振興機構) バンコク事務所

2009年に特許庁入庁。雑貨繊維、産業役務分野等の商標審査、ワシントン大学ロースクール留学、経済産業省メディア・コンテンツ課出向、商標制度企画室(国際行政に従事)等の経験を経て、2019年5月より現職。バンコクを拠点としてASEAN知財庁に対する商標審査支援等を担当。

研修動画概要

【動画視聴】配信概要

配信日時 2021年10月15日~ 2022年2月28日
受講資格 知的財産管理技能士会の会員
視聴方法

各動画に動画視聴パスワードを入力して視聴
※知財技能士会会員であれば動画視聴に関するお申し込みは不要です

動画視聴
パスワード

動画視聴パスワードは会員専用マイページに掲載しています。
ログイン方法は『知的財産管理技能士会マイページ』のご案内をご確認ください
※「マイページへのログイン方法」の項をご確認ください。

ハンドアウトは会員専用ページよりダウンロードください。

動画視聴パスワードは配信期間中に更新される場合があります。最新のパスワードはマイページにてご確認ください。 

受講料 無料
配信方法 Vimeo(ヴィメオ)による動画配信



▲ページトップへ

お問い合わせ先

研修に関するお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。
※ お問い合わせフォームから研修へのお申込みはできません。

お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.