newsletter_banner_1.jpg
最新号は 12月6日 発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
国家資格知的財産管理技能検定
csme_bnr.jpg
知的財産アナリスト認定講座
banner_mouke.jpg
suisentosho.jpg
banner_ginoushi.JPG

jpgjpg

 

第49回キャリアアップ研修(再生時間:60分)

第49回キャリアアップ研修

 

下記から公開中の第49回キャリアアップ研修動画をご覧いただけます。

movie.png ※ハンドアウトはありません

研修委員からのコメント

昨今、研究開発型スタートアップと事業会社が連携するオープンイノベーションの場面においては、共同研究契約やライセンス契約がなかなかまとまらず、せっかくの連携が場合によっては破談になることがあります。
かかる連携を促進するため、特許庁と経済産業省によって、共同研究契約やライセンス契約などを交渉する際に留意すべきポイントについて解説した「モデル契約書」が取りまとめられました。
連携のプロセスにおいて時系列的に必要となる、秘密保持契約、PoC契約、共同研究開発契約、ライセンス契約に関するモデル契約書について理解を深め、交渉の勘所を学ぶとともにオープンイノベーションを成功に導く素養を身に付けていただければと思います。

知的財産管理技能士会 研修委員


研修概要

第49回キャリアアップ研修 企画概要
『研究開発型スタートアップと事業会社のオープンイノベーション促進のためのモデル契約書』
収録日 2021年10月4日
研修のねらい

特許庁と経済産業省は、研究開発型スタートアップと事業会社の連携を促進するため、共同研究契約やライセンス契約などを交渉する際に留意すべきポイントについて解説した『モデル契約書ver1.0』を取りまとめました。
本モデル契約書の主な特徴は次の3点です。

共同研究開発の連携プロセスの時系列に沿って必要となる、秘密保持契約、PoC(技術検証)契約、共同研究開発契約、ライセンス契約に関するモデル契約書を提示しています。
仮想の取引事例を設定して、契約書の取り決め内容を具体化することで、交渉の勘所を学ぶことができます。 契約書の文言の意味を逐条解説で補足することで、当該記載を欠いた場合の法的リスクなど、契約に潜むビジネスリスクへの理解を深めることができます。

本セミナーでは、この『モデル契約書ver1.0』取りまとめの背景からその内容までを解説していただきます。

▲ページトップへ

 

img_square1_bl.gif 講師

高田 龍弥 氏

特許庁 オープンイノベーション推進プロジェクトチーム

研修動画概要

【動画視聴】配信概要

配信日時 2021年11月15日~ 2022年11月30日
受講資格 どなたでもご視聴いただけます
視聴方法

本ページ上部にある「動画を視聴する」ボタンをクリックしてご視聴ください。

受講料 無料
配信方法 Vimeo(ヴィメオ)による動画配信



▲ページトップへ

お問い合わせ先

研修に関するお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。
※ お問い合わせフォームから研修へのお申込みはできません。

お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.